【派遣】軽作業で働くときの注意点とコツ

ブログ画像 軽作業バイト派遣
ブログ画像 軽作業バイト
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

世の中にたくさん溢れる「求人サイト」や「派遣事業所」ですが、私たち雇われている側の方々は、ネットに書かれていることでしか求人情報を把握できません。

では、いったいどのようにして見極めればよいのか、そのあたりを説明していきます。

まだ、今の仕事つづけますか?

派遣で見るべきポイントは「言葉の裏」を読むこと!

この春休みはしっかり働いてお金を稼ぐ!! そのように意気込んで経験を積むことは非常に大事です。

しかしいざ働くとなるとアルバイトをしたり、派遣をしたりで労働収入を得るわけですが、今回は派遣の求人サイトで見た「軽作業」について書いていこうかなと思います。

よく、求人サイトで「日払いOK」や「カンタン作業」などと書いてありますが、その意味を把握することが肝心です! 例えば、「日払い」と書いてあった場合、発生した給料が「その場で手渡しでもらえる」のか、「別日からの申請で1日単位でもらえる」のか、これだけでもかなり違ってきますよね。

そんな感じで「軽作業」っていうものが、果たして「どこまでが軽作業なのか」を知る必要があります。

この場合、「軽い商品を取り扱う作業」と思っておいてください!!

工場や現場での「軽作業」は、基本的に軽いものを取り扱うことがほとんどです。 いきなり大きい機械や大型家具などの商品を取り扱うことはありません。

軽作業は「質より量」の作業!!

軽作業は取り扱う商品が軽いため、人間一人で運搬や仕分けが可能な作業とも言えます。

しかし、ここからが重要です。

軽作業は「質より量」の作業に近いので、1日で取り扱う商品の量が尋常ではありません!!

※多いときは、箱詰め作業だけで2000~3000個の作業をしなければならない時も・・・

もちろんノルマは裏で設定されています。

社員が公表をしていないだけです(一部では事前に発表するところもあります)。

この作業を休憩をはさみながら延々と繰り返していくので、腰痛に悩まされたり、慣れない作業で何回もレーンを止めてしまって迷惑をかけてしまうことも・・・

しかし、職場によっては「スピードより正確性」を重視している作業場もあります。

また、派遣では、基本的に現場スタッフや社員さんの指示さえ聞いておけば特に他に責任を感じることもありません。

スタッフの態度が気に食わない場合は自分が場所を変えたら済む話なので←

フリーランスで求人を探したい方はこちら>>

まとめ

軽作業系のアルバイトや派遣で働く人は以下の点に注意してお仕事を探してみてください!!

  • 求人の書いている内容の意味の裏をとらえる
  • 軽作業は「質より量」であり、作業量は段違い
  • カンタン作業は「指示を聞くだけ」という単純さの意味で使っている

皆様の生活が、さらに充実したものになることを願っています。

未経験からプログラマーを目指したい方はこちら

GEEK JOB

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
派遣
スポンサーリンク


\よかったらシェアしてください!/
ざわをフォローする
ランキングに参加しています
ざわブログ

コメント