公認心理師法

公認心理師法

公認心理師法 第五章 罰則について思ったこと書きます

今回で公認心理師法シリーズは最後となります。特に罰則に関する条文はとても重要で、一つでも違反してたらかなり重い処罰を受けます。基本は四章の義務と合わせて読んでみると分かりやすいですが、当たり前のルールを徹底して守るよう心がければそこまで不安になる必要はありません。立派な公認心理師を目指して頑張りましょう。
2020.10.03
公認心理師法

公認心理師法 第四章 義務等について思ったこと書きます

今回は公認心理師法の第四章に触れていきます。義務や業務の目的に当たる部分が紹介されていますが、公認心理師も職業として仕事をする上では様々な責任を負ってクライエントを支えていきます。その際注意すべきことや支援内容の決定の基準などは把握しておくべきです。しっかりと理解を深めて多職種連携を進めていきましょう。
2020.10.03
公認心理師法

公認心理師法 第三章 登録について思ったことを書きます

今回は公認心理師法第三章「登録」についてです。試験を終えて無事に合格したら資格登録の手続きを行いましょう。その際の注意事項や費用なども確認し、間違いのないように行うことで、「公認心理師」という名前の使用が認められます。間違っても登録が消されるようなことにならないために、隅々まで把握していくことが大事です。
2020.10.03
公認心理師法

公認心理師法 第二章 試験について思ったこと書きます。

公認心理師法第二章の「試験」について書いていきます。受験資格は原則変わっていませんが、法律が施行される前後で多少異なる場合があったり、万が一の場合には文科省や厚労省が指揮を執って命令できたりなど細かい規定がされています。国として質の高い公認心理師を育成するために、一つずつ理解しておく必要があります。
2020.10.03
公認心理師法

公認心理師法 第一章 総則について思ったことを書きます

公認心理師になるためには、それに関する法律も理解しておかなければなりません。登録から資格要件、業務内容に当たって細かく規定されています。さらには公認心理師が活動する分野によって、その領域に関する法律知識も重要です。ややこしくて混乱しそうですが、落ち着いて内容を理解していきましょう。
2020.08.20
タイトルとURLをコピーしました