ブログを書くのはしんどいけど、頑張ったら稼ぐことができる話

ブログ
スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

こんにちは、ざわです。

今回はブログについてです。

僕がブログを始めたのは今から数年前にさかのぼりますが、ブログの存在は実は早い段階で知っていました。

というのも僕はずっとパソコンをするのが大好きでして、普通にネットサーフィンを日課に過ごしていましたので。

そこで見てみるとやっぱり時代の流れに沿ってインターネットとの付き合い方も変わっていくのが目に見えるんですよ。

その時代はブロガーというブログで生計を立てている人というワードが流行りだした時期でもありまして、まだブログが世間に定着していないこともあり、いかにも怪しい集団としかみられていなかったようです。

だって世の中の人々は「働いて当たり前」の風潮だったのに、その人たちは「不労所得」で生活していたわけですよ。

バカバカしく思いますよね?

実際その人たちがどんな生活をしているのかは詳しく調べたことはないですが、少なくとも今の働いている人たちよりは自由な時間が多いことは明らかでした。

その自由な時間を確保するために、日々努力していたに違いないですが、じゃあ今の働いている人が努力できていないからいつまでたっても自由な時間が確保できないのかと言われるとそれは違います。

それは環境そのものが違うからで、それを一緒にすることはできません。

では、そのブログをして稼ぐ人の環境っていったいどんなものなのか、そのあたりを書いていこうと思います。

ブログは継続しないとやばい

まず初めに言わせてもらいたいのは、ブログは続かないと意味がないです。

ブログを見てくれる人は、その記事の中身が自分にとって役に立つかどうかを注視してみてくれています。

当然日記みたいな「自己完結型」の記事を書いてしまうと、それに共感する人は少ないため、あまりPV数は伸びないと思います。

それに対して「〇〇するために必要な方法」や「これを見れば楽になる」といった目的のある記事は、それを探しに来る人が多ければ多いほど自然と見てくれる人も多くなります。

そのジャンルはいったい何なのかはまた詳しく書いていこうと思いますが、とにかく継続する力がないと、その記事の内容がこの先も役に立つ記事じゃない限りは、やがて見てくれる人も減っていくでしょう。

常にブログでは新鮮な記事を送り出すことが大事です。

しかしそうはいってもいきなりそんなに多く記事は出せないと思います。

無尽蔵に出てくる人はある意味経験豊富な人生を過ごしているとも言えますし、逆に誰かのパクリを乱用する人だっています。

初心者がブログをはじめてもせいぜい続いて1か月が限界だと思います。

では、より長く記事を書き続けるためにはどうすればよいのでしょうか。

ネタは探すものではなく、経験から書いていく

記事を書くのに必要なのはネタですね。

当然そのネタについてあれこれと言葉を並べて中身を充実させていくわけですが、そのネタって探そうと思うとなかなか判断がつきにくいものです。

ネタは無限にあふれていますが、そのうちのどの部分を書いていこうとか、自分はどういうところが書けるのかいろいろ考えてしまうと思います。

それならば、今まで自分が見聞きした、経験したことをネタにして記事に書くのが一番書きやすいかなと思います。

その中身はオリジナリティがあるため、個性が発揮されることで「世界に一つだけのコンテンツ」が作られるというわけです。

その評価はGoogle大先生も高くしてくれており、コピペ疑惑から回避できるため基本的に自身の体験をメインとした記事を書くのは良いとされています。

最初は死にそうになる

しかし自身の体験はさかのぼればさかのぼるほど書きにくくなっていきます。

記憶が古いほど具体的な内容を書きにくくなるため、これは当然だといえるでしょう。

そうなると、最初は本当に死にたくなります。

まず、記事を書いてもすぐにアクセスは上がりません。

僕も毎日チェックしていますが、それをするたび「なんでこんな無駄なことしているのかなぁ」って思ったりします。

全部が無駄とは言いませんが、アクセスが数人程度の時に傾向を分析するのはサンプル数が少ないため、あまりよくないと思います。

それならばアクセス数が数百~数万まで増えたところで、どんな記事を読んでくれているのか、どんなジャンルが一番人気なのかを把握する方がいいと思います。

大人数の調査をすることで戦略的に読ませたい記事に誘導することができるからです。

稼げるかどうかは正直自分次第

あれこれと戦略を考えてブログを運営すると稼げるのか?

その答えはイエスといえるでしょう。

現にトップブロガーさんはブログだけで会社員の給料より稼いでいる人もいますし、僕も実際収益が発生しているのは事実です。

Googleの規定によりアドセンスの収益を公開することはできませんのでご了承願います。

つまり、本当にブログで稼げるようにするには、稼ぐための知識や技術を実践してみるしかないです。

誰かが稼げるといっても、それはその人だから稼げるのであって、自分じゃ無理と言っている間はまずブログをしないほうが良いと思います。

自分の努力次第で変わろうと思えば変われます。

しかしその成果はすぐに出てくるわけではないのでかなり苦労をすることになるでしょう。

けれど、それを超えた先には今までの苦労も思い出となるくらいには良い結果が待っているはずです。

ココナラでスキルを販売する

過去に何度もやる気を消失している

実は僕はブログの存在は大体10年位前から知っていました。

面白そうと思ってやってみたのは良いものの、僕は継続する力がほとんどなかったので3日程度で更新しなくなりました。

書かなくなってはまた別のブログサービスで新たに始め、それも続かなくなってまた別のところへ・・・といった繰り返しを17回ほどやっていました。

挫折を何回もしているからこそ今こうして僕のブログが存在するわけです。

しかも今度はきちんとお金をかけて運営しているため、意外と続いています。

学校の勉強が忙しくても、バイトがある日でもどうにか記事を書こうとパソコンに向かって奮闘するようになりました。

ブログを続けるにあたっていろいろ探っていましたが、こんなものを利用したりしました。

 

これらの書籍は他のブロガーさんも愛用しており、実際本当に読みやすいため、ブログで稼ぐってどういうことなの?といった問題を解決してくれます。

こういう教材で勉強しながらブログをやっていくと、ブログで稼ぐことの概念的なものはつかめるんじゃないかなって思います。

大きな目的があるのならそれに対して頑張れる

それと、ブログを続けるためには、やはり大きな目標が必要になってきます。

心理・教育的にはその目標を細切れにしてスモールステップで段階を踏みながら進んでいくのが適切ですが、初めの目標設定が小さすぎると本来の趣旨とずれていく可能性があります。

具体的には「海外に行きたい」とか「家族に恩返ししたい」とかそんなんで結構です。

ポイントは「お金を稼いでなにがしたいの?」ということです。

これ、どこのブログでも言われていることで、何ならテレビではホリエモンが言っていました。

ホリエモン(堀江貴文)が教えるお金の哲学 ゼロから1000万稼ぐ方法

この動画は「稼ぐ方法」と「稼いだ先」について議論しているので、とてもわかりやすいです。

ブログで稼ぐというのはあくまで手段であり、目的ではありません。

それを履き違えないようにしていたら今後もなんとかやっていけるんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

もちろん働いてもお金は稼げます。

そしてそれはブログでも同じであり、ブログも頑張らないと稼げません。

「何もせずに月収10万円」とか「簡単操作で不労収入35万円」とか書いている奴はそれははっきり言って詐欺です。

そんなフレーズは2度と信用しないでくださいね。

ブログも苦労はしますし、何なら最初は収入ゼロです。

いきなり発生するお金なんて鉱山で金を掘ったり宝くじで1等や2等を当てないと実現できません。

そのことをこれからブログをはじめようとする方々に理解していただければと思い、今回は記事にさせていただきました。

今後ネットを使ったビジネスはどんどん拡大されると思います。

それと同時に僕たちの「稼ぐ」ことについての考え方も更新しなければなりません。

時代はとても早く進むため、置いていかれないようにしなければなりませんね。

↓自分のスキルを誰かに販売したい方はこちら↓

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ
ブログ
スポンサーリンク


\よかったらシェアしてください!/
ざわをフォローする
ランキングに参加しています
ざわブログ

コメント