ビジネス英会話をオンラインで学ぶための方法【おすすめ英会話スクールはこれ】

Consciousness

こんにちは、ざわ(@grow78374)です。

今回は英語学習についてお話しします。

  • 社会人でも英語力を身に付けたい
  • 忙しくても短時間で英語力を上げたい
  • 仕事でも生かせる英会話をしてみたい
  • オンラインでできるサービスがいい

こうした悩みを持つ方に、オンラインでの英語学習について解説してきます。

英語を習得するのに1000時間が必要!?

こんな話を聞きました。

「人は何か能力を習得する時に、1000時間以上の学習が必要である」

1000時間といわれても、1日は24時間しかないのであまり想像できませんが、いったいこれはどういうことなのでしょうか。

1000時間理論で人は能力を習得する

アメリカ国務省の付属機関であるFSIのデータによると、アメリカ人がフランス語やドイツ語を習得するのにおよそ600~750時間程度必要とされますが、日本語の習得にはなんと2200時間もかかるそうです。

これは、逆に考えると日本人が英語を習得するのに同じくらいの学習時間が必要だということです。既に小中高で1000時間ほどの勉強を終えているため、残り1200時間は自力で勉強するしかありません。

しかし、社会人の方はご存知かと思いますが、「働きながらそんな時間勉強できないよ!」と叫びたくなるかと思います。

また、1000時間というと想像がつきにくいかと思いますが、月に80時間、1日に3時間程の時間をとって毎日英語の勉強をしなければならないということです。

現実的にできると思いますか?

家族や友人、恋人との大切な時間を削り、一人で向き合う時間すら減らして、そうした努力を毎日続ける覚悟がありますか?

残念ながら僕はそこまでの余力はありません。

英語学習のサービスでも、英語に限っては敢えて長期かつ継続的な学習をプランとして提供しているところもあります。

たしかにそれも一理ありますが、「今からすぐに英語を上達させたい」といった方には難しいプランだと思います。それならいっそ、3時間かけて勉強する内容を1時間で終わらせるといったやり方も可能ではないでしょうか。

仕事や家事で忙しい方は、勉強といえどもできるだけ最短の時間で学びたいものです。

英語は構造を理解して勉強すること

リスニングの学習方法

リスニングは、英語特有の文法構造をしっかりと頭に叩き込んで、ようやく順番が把握できるようになるものです。

中学や高校の英語では、そうした「文の構造の説明」がメインの学習ばかり受けてきました。多少はスピーキングやリスニングもありましたが、あくまで慣れるためのものであり、十分に聞くことはできなかったと思います。

まず、リスニングで陥りやすいのが、「聞いた英語を脳内で日本語に変換する」ということです。

これは流暢な英会話をするためには非常に無駄な時間です。

脳に貯蔵できる文の容量は個人差はあるものの、日常会話をしようと思うと、英会話スクールや英語学習をしていない人からすればかなり長いものになります。そして先ほど説明した「脳内で日本語に訳してしまう」癖が働いて聞いた内容を覚えることができません。

リスニングを難なく聞き取れるようになるためにも、リーディングやライティングでしっかりと英文の仕組みを理解して、英語のまま意味を把握できるようになる練習が必要です。

スピーキングの学習方法

スピーキングの場合は、まず自分がどのようなことを話したいのかを事前にイメージしておく必要があります。

内容は難しく考えなくて大丈夫です。

5W1Hさえ分かっていれば問題ないです。

念のためおさらいしておきましょう。

  • When(いつ):時間
  • Where(どこで):場所
  • Who(だれが):人
  • What(なにを):人以外の生き物・物・こと
  • Why(なぜ):理由
  • How(どのように):手段・程度

これらの根幹をおさえて、単語のまとまりをある程度繋げて並び替えることを意識して声に出してみます。

最初は慣れないかもしれませんが、初めからネイティブスピーキングは誰もできませんので、焦らずゆっくりと練習してみましょう。

特に、スピーキングの上達の近道は、「誰かにむけて話してみる」が最も良いです。発音の時に違和感があったり、順序がおかしいといった点に客観的に気付いてくれるため、人に向けて話しながら少しずつ修正をしていきましょう。

社会人向けのおすすめ英会話スクール

さて、先ほど英語学習には1000時間の時間が必要だという話をしましたが、実際社会人でそんな時間は簡単に取れるはずもありません。

ただでさえ仕事で1日が終わり、休日は外出をしたり、逆にゆっくりしたいと思いますよね。そんな中3時間も使って英語を勉強しようといわれるとなかなか難しいので、今回は「コーチング型の英会話スクール」について解説していきます。

コーチング型英会話スクールのメリット

専属のパーソナルトレーナーがついて徹底サポート

コーチング型の英会話スクールは、受講者一人一人に専属のコーチが付き、個別の学習計画や教材を用いて柔軟にサポートしてくれます。

基本はそのコーチとマンツーマンで英語を勉強するため、自分のペースでどんどん伸ばすことが可能です。目的に合わせた学習方法を提案してくれるのも魅力的です。

フィードバックによって効率よく学習を習慣化

オンラインでの英会話スクールは、定期的にテストを行い、学習効果がきちんと出ているかチェックしてくれます。どの部分が苦手で、どうしたら改善されるのかも細かく分析してくれるため、行き詰った時も安心して取り組むことができます。

短時間で飛躍的な英語力の向上が期待

何より従来のスクールと違う部分は、「とにかく短時間で密度のある学習」をすすめるものが増えているということです。

学生ならまだしも、社会人はどうしても勉強するための時間を取るのが大変です。

そのために、社会人向けのスクールでは、最短で最大限のサービスを提供するべくそうしたプランを作る方向になっているので、忙しくてもしっかり勉強することができるようになりました。

従来の英会話スクールと比べてお得

コーチング型のスクールは、マンツーマンで指導する形をとるためどうしても値段は従来の物より高くはなります。

しかし、社会人で英語が必要な職場では、それ以上のメリットがあるため、費用対効果は非常に高いといえます。

外資系企業や海外でのSEとして働く人は、一般のサラリーマンと比べても年収が数倍変わるくらいに英語は給与に影響します。

スパルタバディ

  • 担当コーチによる日々の学習サポート
  • 定期アセスメント
  • 毎週末、音声吹き込み形式で、決められたテーマを学習



1日1時間の学習で大きく成長を実感

1日3時間必要な英語学習を1時間に凝縮し、短期間での良質な英会話教育を受けることができます。たった1時間だけスパルタですが、それ以外の時間を決して邪魔しないので効率よく勉強することができます。

毎日のLINEチャットで徹底した進捗管理を実現

スパルタバディは毎日学習の進捗をチェックしてくれます。

模試体調が悪かったり、忙しくて勉強できない時でもしっかりアドバイスをしてくれます。コーチは誰よりもユーザーファーストで上達するまで丁寧に指導してくれます。

続けやすい価格で受講者の負担を軽減

他の英会話スクールと比べると、3か月という短期間で12万円まで抑えられるのは社会人にとってありがたい価格だと思います。

また、万が一自分に合わないなぁと思った場合も安心の30日間の全額保証付きです。


イングリード

科学的な理論に基づいて個別カリキュラムを作成

第二言語習得論に基づく科学的アプローチによって英語力は短期間で飛躍的に伸ばすことが可能です。イングリードでは、事前の英語力診断テストとヒアリングにより現在のレベルと弱点を徹底的に把握した上で、一人ひとりに最適なカリキュラム作成を行います。

受講に必要な期間だけ課金するシステムも採用

目標や、理想の英語レベルへ到達する為に必要となる時間は受講生によって異なります。イングリードではサブスク方式(月額定額制)を採用しており、受講生の目的・レベルを分析した上で明確な目標と時間設定をして、必要な期間だけ受講して、学習を進めていけるのが魅力です。


まとめ

今回は、英語学習法に加えておすすめのオンラインスクールも紹介しました。

英語は特に日本人にとって自力で勉強するのが難しく、習得するのにかなり努力しなければいけません。

もし、英語の勉強で困っている場合はとりあえず外部の専門講師などに相談してみるのもありかもしれません。英語は世界中どこでも使える言語であり、これからの生活にずっとついてくるスキルなので是非考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました