SNSで批判をするヤバイ人の心理を解説します。

人間関係

こんにちは、ざわ(@grow78374)です。

今回は心理学について話していきます。

COVID-19による世界的な緊急事態が起きてからおよそ3か月くらい経とうとしています。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

僕は最近、テレビのニュースを見ることをやめ、ヤフーニュースと日経新聞のアプリをインストールしたのでそこから情報収集をしています。

しかし、どこのニュースサイトもSNSもそうですが、コメント欄やリプライ一覧で強烈にしょうもない言い争いが続いているのはどうしたものか・・・

ぐにゃトラ
ぐにゃトラ

なんでこんな無意味なやり取りしてるねん。たしかに緊急事態で皆焦ってるのはわかるけど、いちいち国の対応を批判したり、一流アーティストが政治的発言しただけでそこまで言う必要ないやろっていうコメントが多すぎるわ!

ざわ
ざわ

そうだね。僕もそんなものは見たくないから最近はあまりSNSを開かないようにしてるけど、今回はこういったことばかりする人たちについて解説していくね。

SNSで批判ばかりする人はダークトライアドの傾向がある

SNSやネットニュースで批判ばかりして相手を傷つけることはマナーとしてよくありません。しかしそういった人は普通に存在します。

彼らはパーソナリティーの傾向として「ダークトライアド」というものがみられます。

心理学においてダークトライアド (Dark Triad) とは、自己愛傾向 (Narcissism)、マキャヴェリアニズム (Machiavellianism)、サイコパシー (Psychopathy) の3つのパーソナリティ特性の総称である。「ダーク」と付くのは、これらの特性を持つ人々が悪の気質を持つことを意味する。

Wikipedia

例えばこんな感じ(このやり取りに出演されている方はあくまで架空の設定です)

コロナ感染を防ぐために、外出自粛をしてください。手洗いうがいアルコール消毒もしっかりやりましょう。

外出自粛とかできないよ。会社には「有給取りなさい」って言われるし、普通に電車が無理なら車で来いって言うてくるんだがどうしたらいいんだろう。辞めるべき?

そもそもそんな会社でしか働けない自分の愚かさを棚に上げて、上からの愚痴ばっかり言うてるのもどうかと思う。本当にいい企業ならちゃんと対応してくれるし、その組織は完全にオワってて笑うw

そういうあなたは見たところただの専業主婦のようですが、子どもの面倒を見ながら命を懸けて家族を支えるため働きに行く主人に対してねぎらいの言葉もかけられないのですか?

こんなやり取りしていても何も進まないし、政府はそれでも頑張ってくれているのだからここは皆で協力し合って自粛を呼びかけるべきだと思う。本当に大切なのは緊急事態で一人一人がどのように動くか。そこに尽きる。

一見すると、誰がダークトライアドなのかわかると思いますが、実はこれ、最初の医師と次の男性以外は全員ダークトライアドの要素を持つ可能性があると考えられています。

サイコパス

サイコパスとは一般に、反社会性と対人攻撃性、衝動性、利己主義の特徴が見られます。

具体的には、相手が嫌がることを平気ですること。相手に対して苦痛を味わわせることに快感を覚える状態でありながらも罪悪感が全くないということです。まさにヤバイ人の典型ですね。

よくSNSでもサイコパス診断とか流行っていますが、あれは遊びであって科学的根拠ないんで真に受けないでくださいね。詳しくはこちらの記事で解説しています。

ナルシスト

自己愛に満ち溢れた人のことです。

僕もナルシスト傾向はありますが、絶対に人前ではやらないようにしているつもりです。

ナルシストになるとどうなるのか?

これも同じく共感能力の低下と正常性バイアスが顕著にみられ、要は自分の事を棚に上げて自分の主張を貫き通すようになります。

これはとても難しく、一気にコミュニケーションの輪が狭くなる一方で、ビジネスで成功している人はナルシストな傾向が強いという研究もあるので一概に”全部が悪”とは言い切れません。

人に迷惑をかけなければ大丈夫なんじゃないっていうのが僕の考えです。

マキャヴェリスト

これはいわゆる造語ですが、簡単に言えば「目的の為なら手段を選ばない」ような特性を持つ人を表します。よく言えば「柔軟な思考でクリエイティブな活動ができる」ということですが、以上の2つと組み合わせるととんでもなく非行や犯罪に走りやすいので注意が必要です。

なぜダークなのか

なぜ「ダークトライアド」と言われるのか。

理由は簡単で、これらの3つの要素を持つ人々は悪の気質を持つといわれているからです。

例えば、ある職業の調査では、サイコパス傾向が強いものをランキング順にまとめたものがありますが、これによると1位はCEO、2位は弁護士、3位はマスメディアだということが明らかになっています。

ちなみに医者もサイコパス傾向はあるといわれていますが、それはなんと外科医のみの話であり、他の診療科はむしろサイコパス傾向が低いという研究結果もあります。

ダークトライアドに対しての対策

こういったダークトライアドに対して、僕たちはどうするべきか。

答えはシンプルで、その内容を非表示にする(ミュートにする)ことです。

人はネガティヴィティバイアスによって負の情報に目を向けがちです。

そればかり見ると、人生の幸福度が下がり、生産性も落ちるのでそんな消耗は避けるべきですね。ということでアプリをいったん閉じるか、2度とこないように非表示にすることをおすすめします。

まとめ

心理的な側面を見ると、人間はとても面白い生き物だといつも感じます。

時には助け合い、蹴落とし合い、慰め合い、喜び合って生きていくものですが、まれに本当にやばい人がいるので、極力関わりを避けるべきですね。

  • サイコパス←ヤバイ
  • ナルシスト←ヤバイ
  • マキャベリスト←ヤバイ

つまり、ダークトライアドはとんでもなく恐ろしいヤツなので、気を付けましょう。

おすすめの本も紹介しておきます。

人間関係をリセットするための本はこちら↓

口癖で人が変わるための本はこちら↓

前向きな気持ちを維持するためのヒントとなる本はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました